水道工事業者に浴槽交換施工を依頼する場合のポイント

浴槽はひび割れ等のトラブルが起きた場合は、水道工事業者に施工を依頼する場合が多いです。修理で間に合うこともありますが、交換となればライフスタイルに合ったものを選ぶことで長期間快適な使用に繋がります。浴槽の種類を確認することでも、選び方がスムーズにいきやすいです。

■自分に合った浴槽の選び方

浴槽交換をする場合は、水道工事業者に施工を依頼することになります。その際、コンセプトを明確にしておくと良いでしょう。
デザインで決める場合は、在来工法が良いです。床や壁にモルタルやタイルを張り、浴室を仕上げます。防水機能も考慮してもらえると、快適に使用しやすくなります。特に、高齢者家族がいる場合にはアーチタイプが良いでしょう。機能性重視の場合は、ユニットバスがあります。近年では、檜タイプなど材質にもこだわっているものを取り扱う水道工事業者もあります。

■水道工事業者選びなど事前準備は必要です。

浴槽の交換となれば相応に費用と期間を要しますから、長期間快適な使用をするには施工する水道工事業者選びも必要です。特に建設業許可を得ていたり、スタッフに専門資格を保持しているか否か、水道 評判が良いかどうかは確認するポイントとなります。知識や技術の高さを確認できますから、信頼を測ることに繋がります。カタログや説明を受けるだけでは、完成後までの浴槽施工のイメージが湧きにくいです。ショールームを設けている場合は、予め使い心地を確認しておくと良いでしょう。スタッフがいる場合は、各種相談にも明確に答えてもらえる所だと信頼が置けます。可能な範囲で複数の業者を比較すると自分に合った水道工事業者を見つけやすくなります。

■まとめ
浴槽の種類は、ユニットバスや在来工法などがあります。自分のライフスタイルに合った施工をしてもらえる水道工事業者に依頼すると安心です。建設業許可など会社で専門資格を保持している所だと、技術の高さを確認することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ