浴室のトラブルを水道工事業者に水道 修理するべきか否か

浴室のトラブルは温水が出ないなどの症状以外にもポタポタと水の音がしたり、カビの臭いが発生することがあります。あらかじめ浴室の様子を確認したうえで、水道 修理や部品交換などの手立てを打つことが必要です。自信がなかったり技術が相応に必要な場合は、水道工事業者に相談する流れとなります。

■シャワーヘッドやホースの水道 修理する場合のポイント

シャワーヘッドやホースは、内部に水が溜まらないように作られている仕組みです。経年劣化や使い方が悪いと、不具合が生じて水道 修理が必要となります。放置してしまえば、浴室にカビが生えたり、衛生面にも問題が生じます。水道 修理をする前に、シャワーヘッドを上向きに置きます。これで水漏れが起きると、蛇口本体のトラブルが原因です。接続部からの漏れでは、ヘッドやホース内の残留水が原因となります。ヘッドを取り外して中の水を抜き、改善されると問題ありません。自分で対処することが難しい場合は、水道工事業者に相談すると良いでしょう。

■浴槽の水道 修理する場合のポイント

蛇口のゴム栓やパッキンの不具合の場合は、知識と工具があれば自分で水道 修理することも可能です。浴槽は、浴室の機器の中でも頑丈な性能でできています。特に経年劣化によるひび割れの場合は、水漏れなどトラブルが起こりやすいです。浴槽のひび割れにシーリング作業をすることもできますが、配管にもトラブルがあれば一時的な解消法にしかなりません。水道工事業者に浴槽の交換はもちろん浴室全体を点検してもらうと、長期間快適な使用ができます。

■まとめ
浴室は生活場面で毎日使用する所の一つですが、使い続けることでトラブルは起こります。簡単な部品交換やメンテナンスは、自分で水道 修理することで改善もできます。一方、浴槽のひび割れや配管トラブルなど相応に技術が必要な作業の場合は水道工事業者に相談すると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ