浴槽の流れが逆流した場合は水道工事業者に依頼するべきか否か

風呂を使用していると、水が逆流してしまうことがあります。詰まりが原因の場合は、ヘアキャッチャーをつけたりパイプ洗浄剤で定期的なメンテナンスをすることで改善されます。一方すでに異物が流れてしまっているなど自分では対処が困難な場合は、水道工事業者に依頼することになります。

■逆流が起きてしまった場合に自分で修理する方法

逆流が詰まりによるものだと、軽度なものなら水道工事業者を呼ばず自分で対処することも可能です。髪の毛や石鹸の油汚れが排水管に付着することで、詰まり逆流を起こします。パイプクリーナーを流して、30分程度放置することで塊を溶かしてくれます。そのうえで、ぬるま湯を流すとより高い効果が見込めます。ラバーカップがあれば、排水管にあてて押したり引き上げる作業を繰り返すことでも改善されます。ただし、サイズに合ったものでないと高い効果は得られませんから注意してください。

■業務用パイプ洗浄剤を用いて逆流を直す場合のポイント

近年では、通信販売にて業務用パイプ洗浄剤を取り扱う会社もあります。家庭用タイプよりも高い効果が得られると、水道工事業者を依頼することなく逆流を直すことに繋がります。ただし、効果が高い分相応に薬剤の臭いなども強い場合が多いです。十分に浴室の換気をしながら行うと良いです。マスクや手袋などを用いて作業をすることでも、人体への影響を最小限に抑えることができます。それでも、逆流が起きる場合は水道工事業者に相談してください。

■まとめ
浴槽の逆流は、概ね排水管の詰まりが原因です。パイプ洗浄剤を用いた定期メンテナンスにより、予防することも可能です。一方、詰まりがひどい場合は業務用タイプを使う方法もあります。それでも改善されない場合は、排水管の破損など他の要因も想定されます。水道工事業者に相談したうえで、対処してもらうと良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ